インストラクターインタビュー

シヴァーナンダヨガ 入門クラス担当
2020年9月RYS200卒業、第一期生

Nobu先生(男性インストラクター)

-ヨガとの出会いは?
元々テニスをしていましたが、ケガのリハビリも兼ねて4年くらいピラティスに通っていました。エクササイズであるピラティスを続けていくうちに、ヨガってなんだろうと興味が湧きました。エクササイズ+スピリチュアルなもの、インドで発祥した伝統的なものというイメージでしたが、足を踏み入れるにはちょっと躊躇がありました。まずは気軽に入れる、ホットヨガに通い始めました。当時、外資系の経理の仕事で責任が重く、ストレスが強かったんです。ヨガでもやってストレスを解消したい、心身ともにリラックスしたいと思って始めました。
-インストラクターになろうと思ったきっかけは?
ホットヨガで出会った、初めの先生がとても魅力的な方でした。なれるわけないんだけど、こんな先生みたいになりたい!と思ったのがきっかけです。自分がインストラクターになることに対して、とてもワクワクしました。その先生は人間的にも魅力があるし、いつもレッスンが楽しかったんです。3~4か月通いましたが、先生が異動になってしまって。でも、できなかったポーズができるようになったし、これからも続けていきたいと思って、他にも色んなクラスに行くようになりました。
-ラムジュラーのRYS200(ヨガインストラクター養成講座)に通うきっかけは?
当時、仕事をしながら2週間、ラムジュラーの朝の瞑想とヨガに参加したら、とても楽しかったんです。これってなんだろうって思いました。ホットヨガではなく、呼吸法や瞑想で内面に入り込んだりすることで、心も身体も落ち着いてきました。一番ビックリしたのが、その期間で体重が3㎏も落ちたんです。それもあって、ヨガをもっと深く学びたいと思うようになりました。ちょうどラムジュラーでRYS200の第一期生を募集していたので、説明会に参加しました。
- RYS200に通ってみていかがでしたか?
はじめてみたら身体も硬いし、アーサナもみんなよりできないし…ヨガ哲学もちんぷんかんぷんだし、解剖学にいたっては、何なの?ってかんじで(笑)。途中、何度かやめそうになりました。仕事も忙しいし、みんなの前で「先生、もう続けられないのでやめます」って2回言いました(笑)。
-その時の周りの反応は?
有理さんは「もうちょっと続けたらいいんじゃないの~?」ってかんじで。周りのみんなも「一緒にやろう」って励ましてくれて。はじめの頃と、最後の実技試験のタイミングでやめますって言ったんです。自分の中で煮詰まっちゃって。今年は卒業諦めます、来年卒業しますと(笑)。当時は真剣で、こんな状態で卒業してもダメだと思っていました。その時もみんなが、一緒に卒業しようって言ってくれて。実技試験の練習もみんなで集まって練習して、おかげさまでなんとか卒業できました。一期生の皆さんがいなかったら、卒業できなかったです。皆さんには、いまだに支えられていますよ。本当に感謝していますし、良い出逢いでした。ヨガで知り合う方って、素敵な方ばかりなんです。価値観が近いし、ヨガ以外で一緒に過ごしていても、いつも穏やかですね。

-シヴァーナンダヨガの魅力は?
内面にフォーカスするシヴァーナンダヨガに興味を持ち、RYS200を卒業してすぐ、シヴァーナンダヨガTTC(ティーチャートレーニングコース)をオンラインで受けました。1ヶ月間TTCを受けていたとき、自分が一旦止まったんですね。TTCは毎日、朝から夜までスケジュールが組まれていますから。行動が止まると、必然と意識が中に向いていく。瞑想したり、呼吸法をしたり、アーサナしたり、食生活を菜食に変えることで、本当に自分が穏やかになっていくことに気づきました。穏やかさの中に幸せを感じて、とても感銘を受けました。その穏やかさというのは、みんなにとっての共通の価値だと思います。ヨガでそういう内面の穏やかさを感じられれば、みんな幸せになれるんじゃないですか。普段、色々悪口を言ったりケンカしたりすることも、本当の自分ではなくて。自分の中に、穏やかな状態というのは必ずあって、実はそういう心を誰もが求めている。そう感じたとき、自分のことも今までより理解できたし、他の人のことも理解できると思います。それが、ヨガを通じて実現できるんですね。そんなヨガをこれからも続けていきたいし、周りの人にも伝えていきたい。みんなで幸せになっていけたらいいですね。

-どういうクラスにしていきたいですか?
簡単にいうと、楽しいクラス。穏やかだから楽しいっていう人もいれば、身体を動かして楽しいっていう人もいる。自分が楽しいだけじゃなくて、みんなが楽しいっていうのが基本だなと思ってます。ヨガでも何でも。楽しいって、自分と社会のバランスを取るひとつのバロメーターなんじゃないかな。レッスンも自分が楽しんで、来てくれた人が楽しんで、自然とまた次行きたいなって思ってもらえるようなクラスを目指しています。その中で、シヴァーナンダヨガの良さが活かせたらいいですね

-これからの展望をお聞かせください
シヴァーナンダヨガは、バリエーションはありますが、基本的に12のアーサナの順番もやり方も、全体の流れも50年以上同じなのに、なぜか教える先生によって180度違うレッスンになるんですね(笑)。同じだからこそ、先生の個性が反映され、その日の呼吸法やポーズの誘導がそのまま、生徒さんの満足度に影響するという感じ。自分でも毎日練習をし、ティーチングの技術も多くを学びさらに高めていき、どんなときでも、初めての方から経験者の方まで、良かったと言っていただけるようなレッスンを行っていきたいです!憧れだったホットヨガの先生のようになれたかな?(笑)、なれるように頑張っていきますね。
 
-ヨガを始めたい人に向けてメッセージをお願いします
一緒に楽しくレッスンしましょう!呼吸法やアーサナを行い、終わったあとに心身共にリラックスして、内面が穏やかになるのを感じてみてください。難しいポーズをやることだけがヨガじゃありません。自分のペースで、自分のできるアーサナを無理なく行いましょう。人は、環境や食事によって考え方も変わります。自分が変わると周りが変わります。ポジティブなエネルギーを、みんなで共有していけたらなと思います。

【担当クラス】※担当クラスの内容や時間は変動することもあります
シヴァーナンダヨガ
入門クラス 毎週日曜10:00~11:15
哲学・精神に重きをおき、身体と心のバランスを整えていく伝統的なヨガ流派。最初と最後に行うマントラ(祈りの言葉)、プラナヤマ(呼吸法)、太陽礼拝、毎回決まった12のアーサナ(ポーズ)を行います。ポーズとポーズの間にシャヴァーサナ(リラクゼーション)が入り、深くリラックスできます。12のアーサナは、頭頂から足先まで、全部で7つあるチャクラ(身体に存在するエネルギーの出入り口)を刺激する流れになっています。
オープンクラスでは、ヘッドスタンドやカラスのポーズなどの難しいポーズにチャレンジしましょう。経験者の方の練習の場としても最適です。夜寝る前のヨガですので、きっといつもよりぐっすり気持ち良く眠れることでしょう!基本的に、入門クラスでは難しいポーズは行いません。ヨガが初めての方や、初心者の方でもお気軽にご参加ください。もちろん、どちらのクラスも参加される方に合わせて、軽減ポーズ等も交えてレッスンを行っていきますので、シヴァーナンダヨガに興味のある方はみなさん、ぜひ遊びに来てくださいね!お待ちしています。

シヴァナンダヨーガのご予約は