5月開催 インドのリシケシから「上級プラーナヤマ&メディテーション」インドを感じる2日間 講師ラナ

 

プラーナヤーマ 呼吸法

数あるヨガ業法のうち、呼吸に特化した練習をプラーナヤーマと言います。

サンスクリット語で、プラーナは「生命力」、ヤーマは「コントロール」を意味します。

その効果は、生命エネルギーを高め、ストレスを解放し、精神的な明晰さを高め、身体の健康を促進することです。

プラーナヤーマは、バガヴァッド・ギーターやパタンジャリのヨガ・スートラなど、ヒンドゥー教の聖典で深く説明されています。

後に完成したハタヨガのテキストでは、その方法が事細かに書かれています。

インドで古くから伝わるプラーナヤーマを古典書と実践で学びましょう。

講師講師 Sabbal Rana   通訳  諸岡 那奈
回数5時間×2回 = 10時間
日程①2022年5月14日(土)11:00-16:00
②2022年5月21日(土)11:00-16:00
開催場所オンライン
内容1.はじめに(マントラチャンティング)
2.ナディーショーダナ 片鼻呼吸
3. アヌローマヴィローマ 交互の片鼻呼吸
4. スーリャべーディ 太陽の呼吸
5.チャンドラべーディ 月の呼吸
6.ブラフマリー 蜂の呼吸
7.オーム 聖音オームについて
8.総括
9.瞑想とプラーナエネルギー

関連記事

  1. 3月スタート!はじめてのヴェーダンタ哲学

  2. 8~10月開催 陰ヨガ総合講座 講師ユキオ先生

  3. 6・7月開催 月フローヨガ(ヴィンヤサ)指導者養成講座

  4. 7~8月開催 アジャストメント講座